TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

タスクレイシステム タスクレイシート50E・30E
衝撃緩和工法

特長衝撃吸収性を大幅にアップしたシステム。弾力性のある特殊発泡シート(タスクレイシート)とACフロアとの二重貼り工法

 

タスクレイシステムの構成

タスクレイシステムの構成

■タスクレイシステムの衝撃吸収性能
床材の衝撃吸収性は、G値(転倒衝突時の衝突加速度)で表されます。一般にはG値100以下の場合、安全性が高いとされています。G値が小さなものほど安全性に優れるといえますが、床材としては比較的厚く、柔らかくなる傾向にあります。したがって、部位によっては移動荷重性など他の性能も考慮して、床材を選択することが重要です。

床材 G値
タスクレイシート50E+AC28 88
タスクレイシート30E+AC28 95
タスクレイシートU+AC28 95
パーマリューム 150
Pタイル 160
  ○試験方法
JIS A 6519「体育館用鋼製床下地構成材」の床の硬さ試験方法に準拠。

タスクレイシステム(タスクレイシート50E・30E)工法・価格

仕様番号 タスクレイシートと
下地との接着剤
使用する
タスクレイシート
タスクレイシートと
仕上げ材との接着剤
仕上げ剤
(材工共)
システム価格
(材工共)
TS50E-AC28-U セメントEP20
(下地:セメント系
  モルタル 
  コンクリート)
タスクレイシート
50E(5mm厚)
セメントU ACフロア28 14,260円/m²
TS30E-AC28-U タスクレイシート
30E(3mm厚)
ACフロア28 13,250円/m²
TS50E-AC35-U タスクレイシート
50E(5mm厚)
ACフロア35 16,120円/m²
TS30E-AC35-U タスクレイシート
30E(3mm厚)
ACフロア35 15,110円/m²
  • ※施工環境・条件による接着剤使分けの考え方はPDFをご参照ください。
  • ※タスクレイシートはACフロアとのセット販売とさせていただきます。販売単位:5m以上1m単位。(正反は1巻50m)
  • ※プライマー処理面(光沢のある方)を表にして、施工してください。
  • ※セメントU塗布には、必ずタスクレイシートの梱包の中に入っているクシ目ゴテをご使用ください。
  • ※施工は原則として、施工研修を修了した技能士によるものとします。
  • ※商品の性能上、重量物を置くような場合、あて板を使用し、荷重の分散をはかるようにしてください。
     その際、単位面積の荷重を0.25kg/㎠以下になるようにしてください。
  • ※仕様番号について、詳しくは、当社営業所までお問い合わせください。
  • ※このほか床材や工法の選定、床ご使用について留意事項がございます。
     事故の未然防止、軽減のためPDFをご参照ください。

タスクレイシート(穴あき発泡シート)規格・仕様

  • VOC対策品
材質区分 ポリエチレン樹脂
寸法 タスクレイシート50E  5.0mm(厚さ)×950mm(幅)×50m
タスクレイシート30E  3.0mm(厚さ)×950mm(幅)×50m
梱包 50m/巻
重量 12.0kg/巻(50E)・8.0kg/巻(30E)

ご使用上の注意

●タスクレイシステムは、安全性を優先したシステムになっており、ひざやひじをついても、痛く感じにくくなっていますが、重量物や各種搬送車などによる凹み跡がとれにくいという欠点があります。従いまして、ベッド等の重量物の設置場所にはあらかじめ、あて板などをご使用願います。

その他の床材商品一覧へ戻る

ページトップへ