TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

移動荷重用フロア 

M FLOOR

耐動荷重性、帯電防止性、耐薬品性、耐摩耗性を有する機能型単層ビニル床シート
  • 商品情報

用途

推奨建物

病院、生産施設(半導体、コンピュータ電子機器の部品、薬品、化粧品、食品など)、公共施設、スポーツ施設など

推奨部位

手術室ゾーン、無人搬送車やフォークリフトなどが走行する部位、移動観覧席部分など

関連情報

移動荷重用フロアをご採用いただくまえに必ず「移動荷重用フロア採用のご注意点」をご覧ください。

 

商品画像をクリック/タップすると個別の商品画像がダウンロードされます。

  • M-175
  • M-179
  • M-180
  • M-174
  • M-176
  • M-164
  • M-181
  • M-169
  • M-177
  • M-170
  • M-182
  • M-183
  • M-178
  • M-172
  • M-161
  • M-184

特長

  • 先進の手術室に合うカラーラインナップを用意しました。
  • キャスター等による重量物の移動荷重耐性に特化したビニル床材です。
  • 独自の全層均一素材で耐摩耗性に優れます。
  • 静電気による塵埃の吸着防止と、人体帯電を速やかに漏洩させます。
  • 抗菌移動荷重用フロアは抗菌剤配合により持続的な抗菌効果があります。

価格・規格

  • VOC対策品
  • 耐動荷重性
  • 帯電防止性
  • 耐薬品性
  • 超重歩行
移動荷重用フロア 
  • 価格
    6,750 円/m²
  • 材質区分
    耐動荷重・帯電防止性ビニル床シート TS
  • 製品分類
    長尺シート
  • 寸法
    2.0mm(厚さ)×1,820mm(幅)×9m
  • 素材分類
    塩ビ
  • 梱包
    9m/巻
  • 重量
    50.6kg/巻
  • 色数
    16色

記載されている価格は工事費、消費税は含んでおりません。

工法

工法下地下地表面強化※接着剤
耐動荷重工法コンクリート荷重床プライマーセメントEP30

※必要に応じてご使用ください

施工時のお願い

きれいに施工するためには、施工環境を整えることが重要です。特に気温が低くなる冬季には、床材が硬くなるため、一般ビニル床シートの施工に比べ手間を要しますのでご配慮をお願い致します。詳しくは施工要領書等をご参照ください。

特性

  • 電気抵抗
    JIS K 6911に準拠(20℃、65%RH)
  • 表面抵抗値
    1.0×109Ω以下
  • 体積抵抗値
    5.0×108Ω以下

備考

  • 移動荷重用フロアは標準品。※ただし300m²以上の場合は納期10日以上

[受注]フリーアクセスフロア用サイズ

フリーアクセスフロアパネルの表面仕上げ材として2サイズ(505ミリ角、605ミリ角)をご用意しております。これらはパネル用としてOAフロアメーカーに供給する材料ですので施工現場での施工、貼付けは行えません。詳しくはフリーアクセスフロアメーカーにご確認ください。