TAJIMAは創業100周年を迎えました : 田島ルーフィング株式会社

チャネルシート

地下水上昇下地への床材施工

地下水の上昇がある状況下では、床材に様々な不具合が生じる場合があります。
地下水の上昇がある状況下では、床材に「剥がれ」、「膨れ」、「突き上げ」、「ジョイント部のスキ」等の不具合が生じる場合があります。これに対する対策としては、『エポキシ樹脂系反応硬化形』の接着剤を用いて施工を行うことが基本ですが、地下水の圧力が極端に高い場合、『エポキシ樹脂系反応硬化形』の接着剤で施工を行っても、「膨れ」が発生する場合があります。このような場合には、下記のような特殊工法(チャネルシート工法)をとる必要があります。

価格・規格

価格
(工事費別)
30,000円/巻
品名 チャネルシート
材質 軟質ビニル樹脂
寸法 1.8mm(厚さ)×1,400mm(幅)×10m(長さ)
梱包 10m/巻
重量 28.0kg/巻

用途 地下からの水分上昇による床材の膨れ防止のための下貼り材

 

工法

  • 下地側接着剤 ― セメントEP30
  • チャネルシート上接着剤 ― セメントEP20
  • ジョイント処理 ― チャネルシートの上にGPテープ貼り付け

チャネルシート工法の原理

『チャネルシート工法』では、下地側に溝を設けたシート(チャネルシート)を捨て貼りすることにより水の圧力を分散させ、膨れの発生を防ぎます。チャネルシートと下地の間に溜まった水は、脱気部より徐々に空気中に逃がします。

チャネルシート工法の構成

チャネルシート工法で施工した場合でも、下地の不陸などにより数カ所の膨れが生じる事があります。

ページトップへ