tajima

トップ

田島ルーフィングとは

田島の人

採用情報

LOGIN / ENTRY

LOGIN / ENTRY

開生産本部 生産技術 設計一課「M・Y」

「現場」と「人」が好きな人

scroll

私の仕事

より使いやすく、効率的に
機械設備は人のためにある

“現場の熱”を求めて田島へ

生産技術部門に所属の彼は、2013年に中途入社した転職組。大学卒業後に就いた前職は、電子部品メーカーで、製造技術の部署にいた。
「学んだことが活かせる仕事でしたから、業務内容に不満があったわけではないんです。ただ、前の会社は製造現場と設備スタッフの仕事場が分離していて……ずっと事務所からパソコンに映る数字や映像を見て仕事をしていて、機械を使っている人を知らずに仕事していることが多く、なんだかもやもやしてしまって」
コミュニケーションが得意、という性格ではない。けれど、自分が手がけた機械が、現場でどんな風に稼動し、使っている人がどう感じているのかが分かる働き方をしたい、という想いが次第に募っての転職だった。

自分の意見をもつことから
責任感やおもしろさが生まれる

彼は今、先輩社員とともに工場の機械設備の改善・改良に打ち込んでいる。
「現場からの要望を聞いて、いかにその希望に応えるかを考え、上司に提案して、実施する。仕事の比率としては、人との調整が6、設計や機械いじりが4、という感じでしょうか。ひとくちに機械設備の仕事といっても、こんなに違うものかとビックリしましたが、私が望んでいたのはやっぱり、田島スタイルですね」と満足げだ。

上司や先輩に相談するときは、
必ず自分なりの意見を持っていく

製造機械の不調や非効率は、そのまま現場のトラブルや納期の遅れにもつながるだけに、生産技術部門の責任は重大だが、だからこそおもしろみがあるという。
「うちの課に限らず、自分でしっかり考えようという風土があるのが田島のいいところです。上司や先輩に相談するときは、必ず自分なりの意見を持っていきますし、その上で、ヒントをもらってさらにいいプランができたり、アイデアを肯定されて自信がついたりする。自然と仕事に対して積極性が出るし、自分の思考や作業に責任感も出てきます」
機械設備というハード寄りの業務の根っこに、いつも“人の想い”を感じられる現場の近さをとても気に入っている。

田島の人

「屋根で守り、床で支える」田島の人。
それぞれの職場で、どのような想いを持って、
明日を創ろうとしているでしょうか?

  • 営業

    営業本部 防水営業部 東京支店・営業2課「D・Y」

    「逆転の発想」が得意な人

  • 営業

    営業本部 防水営業部 北関東営業所「K・O」

    「思い切りのよさ」が魅力の人

  • 営業

    営業本部 住建営業部 住宅建材課「Y・O」

    繋いで「流れを変える」人

  • 営業

    営業本部 床材営業部 販売促進室「N・U」

    みんなを「ラクにしたい」人

  • 製品デザイン

    営業本部 営業開発部 フロアプランニング室「Y・K」

    朗らかな「野心」をもった人

  • 製品開発

    開発本部 防水開発部 アスファルト防水グループ「M・A」

    はまると「とことん」な人

  • 製品開発

    開発本部 機能開発部 新事業グループ「K・O」

    「視点の転換」が得意な人

  • 生産技術

    生産本部 生産技術 設計一課「M・Y」

    「現場」と「人」が好きな人