TAJIMA 田島ルーフィング株式会社

改質アスファルトルーフィングの一歩先へ 改質アスファルトシート防水トーチ工法「ポリマリット」

< 戻る

ポリマリットの防水性能と耐久性能

ポリマリット防水の改質アスファルトシートは、強靭な合成繊維不織布を基材とし、その基材には改質アスファルトが含浸、
およびコーティングされています。このコンビネーションが防水性能の高さと、優れた耐久性を発揮するのです。

特殊改質アスファルトの耐候性(露出工法用)

防水層の劣化要因には、紫外線・熱・空気中の酸素やオゾンによるもの、および温冷や乾湿の繰り返しによるものなどがあります。そのため、特に露出防水層の場合には耐久性の高い材料が要求されます。
促進老化試験であきらかなように、ポリマリットキャップ、ポリマリット40・35に用いられる特殊改質アスファルトは、きわだった耐候性を有しています。

■促進老化試験

試験方法/ASTM D529ーDaily cycle A に準ずる
試験結果/表層に薄い亀裂紋様を生じるが、以後は進行が見られず、3000時間経過後の導通試験にても異常は認められない。

  • 促進老化試験風景

    促進老化試験風景

  • 促進老化試験結果

    促進老化試験結果

【まとめ】
ポリマリットに用いられる改質アスファルトは、過酷な耐久性試験の3000時間後も、なんら異状がありませんでした。

ポリマリットキャップ・ポリマリット40の下地亀裂追従性

建物は常に動いています。とくに屋根は温度変化も大きいため、防水層はそれらの動きにどこまで追従するかが重要です。ポリマリット防水の改質アスファルトシートは伸びなどの特性に加え、下地クラックのような局部的くり返し運動に優れた特性をもっています。試験は亀裂部分を想定して、その箇所に起きる防水層破断応力への抵抗性をみたものです。

  • ■破断抵抗性試験

    試験方法/スレート板下地に防水層を施工し、中央部の亀裂を一定速度(5㎜/min)で開いていき、防水層破断時の強度をその亀裂幅で測定する。

    ■破断抵抗性試験風景

    破断抵抗性試験風景

  • ■破断抵抗性試験結果

    破断抵抗性試験結果

ポリマリット防水層の耐疲労性

ポリマリット防水の改質アスファルトシートは、コンクリートの膨張・収縮や振動にたいし、防水層が致命的な変形や
疲労破断を起こすことがなく、高い防水性能が維持されます。

  • ■耐疲労試験風景

    耐疲労試験風景

  • ■試験方法

    下地亀裂の幅0.5~2.5㎜の拡大・縮小を2分
    に1回の割合で繰り返す。

    ■耐疲労試験結果

    耐疲労試験結果

ポリマリットSTの通気性能
  • 下地コンクリートに含まれる水分を、完全に除去した上で防水施工することは、実際上不可能です。
    とくに改修工事では、押えコンクリートの上にかぶせる工法で新規防水層を施すと、防水層にフクレが発生する おそれがあります。そのため防水施工後の下地水分を、防水層の下で通気させ、外部に排出させる必要が生じます。
    ポリマリットSTはストライプ状に配されたゴムアス自着層により、防水層は下地に部分接着され、その空げきは通気路として、スムーズな通気性能が確保されます。

    ■試験方法

    図のような試験体を試験装置にとりつけ、10㎜ Aqの圧力空気を試験体の送気口から送り込みます。微少流量計により1分間当たりの流出空気量を読みとります。

  • ■試験場における通気試験風景

    試験場における通気試験風景

  • ■試験体

    試験体

  • ■通気性能試験結果

    通気性能試験結果

水性プライマーASの特性

トーチ工法用シートのプライマーには、安全性を考慮して水性プライマーASの採用を標準化しました。水性プライマーASは通常のアスファルトプライマーと同等、もしくはそれ以上の接着力が得られます。この水性プライマーASが充分な接着力を発揮するかをみるため、180゜ピーリングと垂直引張試験を行いました。

  • ■試験方法

    ①180゜ピーリング試験は、材料相互の接着性の良し悪しを調べる最も標準的な試験方法で、剥離させようとする外力に対抗する力を評価する方法です。

    ②垂直引張試験は、風飛びなど、防水層を浮き上がらせようとする力に代表される、防水層に垂直方向に加わる外力に対抗する力を評価する方法です。

    〈JIS A 6013 改質アスファルトルーフィングシート「接着性能」に準ずる〉

  • 180゜ピーリング試験

    180 ピーリング試験

  • 垂直引張試験

    垂直引張試験

■試験結果(試験温度20℃)

試験結果(試験温度20℃)

ページトップへ