TAJIMAは創業100周年を迎えました : 田島ルーフィング株式会社

FRAT Style アスファルト露出防水仕上げの概念を打ち破る

< 戻る

サーモコントロール断熱と効果

サーモコントロール断熱とは、遮熱機能を持つ高反射塗料と断熱材を防水層と組合わせたシステムです。

サーモコントロール断熱の効果

1.屋内の温度環境をより安定した状態にし、暖房・冷房に要するエネルギーを抑制します。

2.同様に屋根コンクリートも安定した温度下に置かれることで、膨張・収縮の割合が抑制され、構造体への影響が抑えられます。

3.夏季、熱エネルギーに変わる太陽光の近赤外線が高反射塗料により反射され、防水層温度上昇を抑制し、防水層の延命効果を生み出します。

  • 高反射塗料塗布

    高反射塗料塗布

  • 断熱材貼付け

    断熱材貼付け

サーモコントロール断熱構成イメージイラスト

サーモコントロール断熱構成イメージ

サーモコントロール断熱の効果

高反射塗料は太陽光線に含まれている赤外線を反射することで、防水層温度が上昇するのを抑制するため、特に外気温が高い夏場に力を発揮します。一方断熱材は年間を通じて屋外あるいは屋内の熱を反対側に伝えにくくします。すなわち、夏は遮熱+断熱の両機能によって、冬は主に断熱機能によって屋内の温度環境を快適な状態に近づけ維持する仕組み、それがサーモコントロール断熱です。

サーモコントロール断熱の効果イメージ

ページトップへ